悩みを解消するための大阪の二重整形クリニックのメリット

二重

埋没法と切開法のメリットとデメリット

笑う女性

二重の整形手術には、いわゆるプチ整形と呼ばれる埋没法と、より本格的な切開法の2種類が主流になっています。埋没法も切開法もそれぞれのメリットとデメリットがありますが、どちらが良いかはその人のまぶたの脂肪のつき具合や、どういった形の二重にしたいかによって選択するべき方法は変わってきます。

埋没法のメリットは、まぶたの2点から3点を極細の糸で留めるだけなので手術時間も30分以内で終了しますし、腫れも非常に少なくダウンタイムは2、3日間です。そのため翌日からメイクをして仕事や学校へ行くことも可能です。人にばれにくく、気軽に二重にすることができるのが魅力です。ただデメリットとしてはまぶたの脂肪が多い人ですとすぐに糸が外れてしまうということが多いようです。

切開法は、埋没法よりは、より確実に平行型のパッチリとした目を作ることができる術式です。メスを使って切開をするので腫れがかなりひどいのがデメリットです。まぶたが自然になるまでには1ヶ月近くのダウンタイムがかかってしまうのが難点でしょう。ですが、埋没法のように何年かたったら元に戻ってしまうということが無いので一生、美しい二重を維持することができるのが大きなメリットでしょう。

ニュース

  • 口元

    悩みとオサラバ!埋没法で夢の二重まぶたに

    私は小さい頃から左目が二重、右目が一重で目の大きさが違うことがコンプレックスでした。高校に入ると一重から奥二重になったものの、やはり左右の目のバランスが違…

    »詳しく見る

  • 髪が綺麗な女性

    埋没法と切開法がある二重手術

    一重まぶたの人にとっては二重まぶたは憧れのものです。二重の整形手術には切ることなくできる埋没法とメスを入れて切開する方法の2種類があります。…

    »詳しく見る